協会公式
ブログblog
お申込み・お問い
合わせcontact
貴方の強みがブランドになる

 
 


【貴方の強みはなんですか?】



先日、ステップメールセミナーに
読者から返信をいただきました。
 






 
「貴方の強みは何ですか?」の質問内容へ
応えていただいたメールでした。






 
 
ステップメールに返信をいただいた読者さんは、
フリーでインストラクターを仕事にする方。



 
……………………………………………………






「こんにちは!ステップメールの質問の答えです。私の場合は、〇〇しながら〇〇〇〇をする人はいないので、これが私の強みなのかな。でも、はっきりとは断言出来ず悩んでいます……。」






……………………………………………………












とても嬉しいメッセージでした。
質問に真摯に取り組んでいただいたこと、
ステップメールを作った甲斐があります。



 
 



読者さんにJPTAから次の様に
返信をさせていただきました。
 
 
 
 





 
 
 ……………………………………………………



 



〇〇さま



こんにちは!
メールをありがとうございます。



ご自身の「強み」この原点となるものが、
好きで得意なことです。



そこに経験値を積んできたことが、
強み」となります。
現在の仕事は、その一つではないでしょうか?



…………………中略…………………………



 
そこにさらに、
〇〇さんだからできること。
〇〇さんだから気づけること。
〇〇さんだから教えられること。
〇〇さんだから喜ばれること。
 
 
ここを意識すると、
強みは更に付加価値となります。
自分の「強み」の原点は何処なのか。
何なのか。
一度しっかり掘り起こしてくださいね。
 
 
……………………………………………………
 
強み」と言われても、


自分のこととなると
わからない方が多いんじゃないでしょうか?









【私の強み】





私の「強み」って何だろう?



ご自分が普段からやっていることや、
当たり前になっていることは、
自分の「強み」とは認識しにくいことが多い。






ですから、まずは自分が好きなこと。
また、得意なこと。
または、
人から「ありがとう!助かった!」と言われたり、
「〇〇さんはそれ得意だね!」て
感心されることありませんか?









好きで得意なことがご自分の「強み」の原点です。






強み」の原点とお伝えするのには、


意味がありります。
 
 
 
プロセラピストを育てる講師を目指す方セミナー情報へ メンタリングマナーを教えてほしい企業等の研修担当の方メンタリングマナー
Webサイトへ